つくし薬局について

みなさまに知っていただきたい、つくし薬局のこだわりと成り立ち。

ごあいさつ

臨床検査会社を退職し

薬剤師に転職し10年、

2013年に独立して、

つくし薬局は開局しました。

 

店名を考える際に、

私達は地域の方々に

尽くしていこうとの思いから

「つくし薬局」と命名しました。

 

現在、薬局や薬剤師には

地域統括ケアシステムの一翼を担い、

いつでも気軽に相談できる

「かかりつけ薬剤師・薬局」として

地域の皆様の健康保持増進を支援する

健康サポート機能が求められています。

 

そこで私達が心がけているのは、

利用してくださる方との

コミュニケーションを大切にし、

お一人お一人にあったサービスを

提供する事です。

 

どのような相談も積極的に受け、

地域の皆様の

かかりつけ薬局・薬剤師としての

機能の充実に、

日々取り組んでおります。

代表取締役 佐藤 建彦

つくし薬局の特徴・こだわり

門前クリニックとの共同勉強会により処方意図の把握もでき、正確な指導の向上へとつなげています。

1.

投薬までの時間をなるべく短くする事で、患者様とより多くお話しする事を心がけています。そのためヒューマンエラーによる時間のロスを減らす為、入力には2次元バーコードを採用、調剤監査システム等を導入しています。

2.

認知症介護者の会・だれでもカフェ等地域の活動への参加、近隣薬局や地域包括センターとの交流会への参加も随時行っています。

3.

働きやすい環境も整えています。働きやすい環境での業務が利用者様への対応の満足度へと繋がってくると考えております。

4.